【ペニス増大サプリと精力剤の効果の違い】増大重視か精力増強重視か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
違う上昇矢印

ペニス増大サプリにはペニスを大きくする成分が含まれているのですが、この成分には勃起力や精力をアップする効果はないのでしょうか?

もしあるとしたら、ペニス増大サプリだけを飲むだけで、精力アップと勃起力アップ、ペニス増大のすべてがかなうことになります。

もしこれがかなうとしたら、ペニス増大サプリは夢のようなサプリということになるのですが、実際はどうなのでしょうか?早速調べてみましょう。

解説

40代以上は避けて通れない精力減退

男性も40代になると、勃起力が低下したり精力の衰えを感じ始める時期です。しかし、ここで多くの人は何も手を打とうとしません。

加齢のために精力が落ち始めたら、早めの手を打たないとドンドン落ちていくばかりです。

その反対に、ここでしっかり手を打つことによって、精力減退と勃起力低下は食い止められるのです。

「年を取れば精力も落ちていくし、勃起力も低下していくものだ」こう考えて何もしない人は、本当にこのとおりになっていきます

では、こうならないためには、どのようにしたら良いのでしょうか?

なぜ精力と勃起力が低下するのか

男性ストレスで勃起力低下

精力と勃起力が低下する理由を生物学的に言うと、自分を守るためです。40歳を過ぎるともう若いわけではなく、昔のようなエネルギーはありません。

50代、60代と年齢が進むうちに、体の中のエネルギーはますます減っていきます。エネルギーが少なくなると、どうしたら良いのか。この命題について、生き物の体は実に明快な答えを出しています。

それは、「無駄なものにはエネルギーを回さない」ということです。これは見事なまでに徹底していますが、最もわかりやすい例が筋肉です。

筋肉は鍛えるほどに太くなります。必要性から、そこにエネルギーが送られ、筋肉細胞が活性化することになります。それによって、筋肉が太く強くなるのです。

しかし、使わない筋肉にはエネルギーを回されません。つまり使わない筋肉は小さくなり弱くなります。

使わないのに筋肉が太いままだと、それだけでエネルギーを消費されてしまいます。

このように、人間の体はエネルギーの無駄遣いをしないようにできています。これはちょうど、自治体の箱物行政に似ているかもしれません。

それぞれの自治体で、それほど使い道もないのに大きな箱物を建てて、維持費だけで税金を食いつぶしてしまっている事が問題になっています。

このような無駄な箱物をそのままにしていたら、自治体ごとつぶれてしまうので、箱物は作らないようになっています。

使わない筋肉が細くなるのはこれと同じ原理です。しかし、これはペニスにも同じことがいえるのです。

ペニス

そうです。
無駄なものにはエネルギー(税金)を回さないという法則が、ここにも生きています。

はて、何が無駄なの?と思うかもしれませんが、40代になるとほとんどの場合、もうペニスの本来の役目は終わっているのです。

ペニスの本来の役目が終わってる?俺はまだセックスしたいんだけど・・・

こういう人もいるかもしれませんね。しかし、セックスの本来の目的は子孫を残すことです。それは、ほとんどの場合40代になる前に成し遂げられています。

そのため、あとは生物学的にみてペニスに用はない事になり、そのままではその機能は衰えていくだけなのです。

また、年齢とともに体内のエネルギーが少なくなっていくと、無駄なエネルギーからカットしていかなければなりません。

これは箱物を作るのをやめて無駄な税金を使わないのと同じです。では、40代以降の男性にとって、最も無駄なエネルギーとは何でしょうか?

それはズバリ、子作りのために使うエネルギーです。

精液量

つまり、もう必要ないから、という事なのです。したがって、40代になると精力と勃起力が低下するのです。さらに、もっと高齢になると、まったく勃起しなくなります。

これは、高齢になるといよいよ生命維持のためのエネルギーも足りなくなってくるので、この状態で射精にエネルギーを使うと命を縮めることになってしまいます。

人間の体には、このような生命維持システムがあるために、年齢とともに勃起しなくなるのです。

精力減退と勃起力低下を生物学的に説明するとこのようになります。では、この現象は具体的にどのように起こるのでしょうか?

勃起力と精力が減退するプロセス

精力勃起力減少イメージ

 

勃起力と精力が減退する原因のひとつに、テストステロンの分泌量の低下が挙げられます。

テストステロンは男性ホルモンの一種ですが、男性が男性らしくあるために不可欠なホルモンです。

テストステロンがあるために男性らしい外見となり、精子も作られて繁殖能力を持つことができる上に、精力と勃起力も増強されます。

しかし、このテストステロンは20代をピークに、年齢とともに減少していきます。しかも減少するスピードも年齢とともに進んでいくので、40代になる頃にそれが顕著になっていくわけです。

実際に、40代になると20代の頃と比べて、テストステロンの分泌量は半分まで落ちています。このテストステロンの減少は一度始まると、何もしないと減少し続けるばかりです。

そのため、精力と勃起力を低下させないためには、テストステロンの減少を止めることが必要なのです。

しかし、果たして食い止めることはできるのでしょうか?実は、テストステロンの分泌量減少を食い止めることは、十分可能なのです。

20代の頃に比べると減少したとはいえ、40代はまだまだ精力があります。

50代になっても60代になっても、やり方しだいで40代のままの勃起力と精力を維持することができるのです。

精力増強にはペニス増大サプリがおすすめ

サプリと医者

精力を増強するには、精力剤や強壮剤をセックスの前に飲むのが普通です。

しかし、精力剤や強壮剤は、一時的にペニスを奮い立たせる効果はあっても、本当の意味での精力増強にはなっていません。

あくまでも、飲んだ直後しか効果はないのです。そのため、時間がたつと効果が減少していき、また元に戻ってしまいます。

こんな一時しのぎの精力剤より、もっといい方法があります。

根本的に勃起力と精力をアップさせたい場合には、ペニス増大サプリを飲むと良いのです。

ペニス増大サプリの効能は、ペニスを大きくするだけではありません。ペニスを増大させる目的で配合された成分が、そのまま勃起力と精力を増強させるためにも作用するのです。

つまり、ペニス増大サプリには、総合的に男性機能を活性化する働きがあるのです。だったら、これを勃起力アップと精力増強に利用しない手はありません。

どしどし活用すべきだと思います。ペニス増大サプリを使う最大のメリットは、体の中から根本的に変えて勃起力と精力をアップさせることです。

次に、その仕組みをご説明しましょう。

ペニス増大サプリで精力増強できる仕組み

ペニスの血管拡張で硬さアップ

ペニス増大サプリには男性ホルモンのテストステロンの分泌を促進する作用があり、シトルリンとアルギニンの効果によって血管を拡張し、ペニスに流れこむ血液量を増やします。

こうして最終的にペニス増大に結びつくのですが、その前にペニスに流れこむ血液量が増えた段階で、勃起力がアップすると同時に精力も増強されているのです。

つまり、勃起力アップは、血管拡張と同時に起きていると考えてもいいのです。ペニス増大サプリは、それくらい簡単にやってのけます。

ペニスを増大させるには、ペニスに流れ込む血液量を増やして、さらに海綿体の細胞分裂まで促進させるという、高度なプロセスが必要です。

それと比べると、ペニス増大サプリにとって勃起力アップくらいたやすいことなのです。

なぜペニス増大サプリにそんな効能があるのかといいますと、精力剤では欠かせない成分が幾つも配合されているからです。

シトルリンとアルギニンはもちろんのこと、マカやトンカットアリ、アカガウクルア、ムクナ、ガラナ、すっぽん、亜鉛などの有効成分が入っているのです。

これらはどれも、精力剤として有効な成分ばかりです。

ペニス増大サプリの驚くべき効果

ペニス増大サプリ

 

勃起力低下と精力低下の原因が、テストステロンの減少にあるというのは前述のとおりです。

ペニス増大サプリには、テストステロンの分泌を促進する成分が含まれています。したがって、飲むだけで、テストステロンの減少による、勃起力と精力の低下を抑えることが可能なのです。

これは本当に画期的なことです。さらに、ペニス増大サプリには、アルギニンとシトルリンがたっぷり含まれています。

この2つの成分も、勃起力と精力の増強にすごい威力を発揮してくれるのです!

アルギニンとシトルリンが交互に作用し、血管内に一酸化窒素を発生させて血管を拡張させます。アルギニンは塩基性アミノ酸と呼ばれ、脳下垂体に作用して成長ホルモンの分泌を促します。

アルギニンは尿素回路(オルニチン回路)でアンモニアの解毒作用を行いますが、このとき一酸化窒素を生成します。また、シトルリンがアルギニンに変換される際にも、一酸化窒素が生み出されます。

一酸化窒素は血管を拡張するだけでなく、血球が血管壁に付着するのを阻害したり、血管壁が厚くなるのを防ぐ働きもあります。

このように血管を丈夫にする作用があるため、海綿体の毛細血管も強くしなやかにします。

こうした作用の結果、ペニスの海綿体の中の毛細血管も拡張するので、そこに大量の血液が流れ込んでギンギンに勃起するわけです。

これだけのすごい効能を持つペニス増大サプリは、毎日続けて飲むことで威力を発揮します。

ペニス増大サプリ効果イメージグラフ

 

毎日飲み続け、数か月かけて体の中から改善していくため、精力剤のような即効性はありませんが、そのかわり精力剤のように一時的なものではなく、体の底から勃起力を再生し精力を増強します。

つまり、ペニス増大サプリは、体を若返らせると考えてもいいのです。

勃起力が低下した人がペニス増大サプリを飲むと、勃起力が低下する前の体に戻れることになるので、若返ると表現してもかまわないでしょう。

体が若返ると、女性に対しても自信が持てるようになり、何事も前向きに取り組めるようになっていきます。

つまり、ペニス増大サプリは、飲んだ人の未来まで明るくするといっても過言ではありません。

さらに言えば、もともとペニス増大サプリはペニスを大きくする効果があるので、勃起力アップを目的に飲んだとしても最終的にペニスも増大します。

もっとも、ペニスを大きくするためのサプリなので当たり前なのですが。

このように、ペニス増大サプリは副次的な効果として勃起力もアップするので、大いに活用しましょう!

気になる安全性は?

言うことなしのペニス増大サプリですが、安全性に問題は無いのでしょうか?

精力剤には興奮を促す成分などが含まれているので、常用すると副作用の心配があります。また、常用すると精力剤の成分に体が慣れてしまうため、そのうち飲んでも効かなくなります。

しかし、ペニス増大サプリには副作用の心配もなく、体が慣れて効かなくなるということもありません。

つまり、安心安全に使用することが可能なのです。そもそもサプリメントなので、医薬品指定の勃起薬などの副作用を伴ったり、安全性に問題があるような成分は初めから含まれていません。

それに、毎日飲むことを前提としているため、常用しても問題がないのは当たり前です。使用されている成分はすべて天然由来成分なので、心配するような影響もありません。

毎日服用していれば自然と精力がついてきますが、最初に気づく変化は、疲れにくくなったといったことから始まります。

ささいな変化ですが、体が根底から改善されてきた証拠です。このような変化が現れるまでに、早い人なら1か月くらいです。

通常3か月程度かかりますが、人によってはもっとかかる場合もあるようなので、焦らず気長に飲むことが大切です。

毎日服用していれば次第に精力がついて勃起力もアップし、そのうちペニスもひと回り大きくなっていることに気がつきます。

そしてその頃になると、体もしっかり若返ってきます。すべてが良い方向に向かっていくので、ぜひペニス増大サプリを利用しましょう。

 

⇒【最新】ペニス増大サプリ/精力剤 人気商品の配合密度分析結果はこちら

 

まとめ

40代以上になると、精力減退は避けて通れません。

しかも、勃起力も低下してくるので、もう若くないと自覚せざるを得なくなります。しかし、ここで手を打たないと精力減退と勃起力低下は進むばかりです。

こうなる原因は、男性ホルモンの一種である、テストステロンの分泌量の低下にあります。

つまり、精力と勃起力を維持するためには、テストステロンの分泌量を増やしたら良いのですが、そのためにはペニス増大サプリを飲む事が効果的と言えます。

ペニス増大サプリには、テストステロンを増やす成分が豊富に含まれています。

また、主成分であるアルギニンとシトルリンは一酸化窒素を生成して血管を拡張するため、ペニスの海綿体に大量の血液が流れ込むのを助けて勃起力アップと精力増強を促します。

ペニス増大サプリにはこのような効能がありますが、精力剤や強壮剤とは違って一時的に精力を強くするのではなく、体の中から改善して勃起力と精力をアップする効果があります。

ペニス増大サプリは海綿体に流れ込む血液量を増やした上で、海綿体の細胞分裂を促してペニスを増大させるので、勃起力をアップさせるくらいのことは簡単にやってのけるだけの力があります。

 

⇒【最新】ペニス増大サプリ/精力剤 人気商品の配合密度分析結果はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!