肥満メタボは精力減退の原因に!勃起力低下を防ぐ対処法はこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肥満体でも効果が出そうな精力増強ハック

セックスが強くなるための精力増強は、肥満の人には向かないと言われています。

精力を増強するには食生活をはじめ、生活全般を見直して規則正しい生活をすることが重要です。

肥満になっているということは、規則正しい生活をしていない証拠とも言えます。

そのため、肥満体の人が精力を増強できないのは、ある意味当然のことなのです。

しかし、本当に肥満体では精力増強は無理なのでしょうか?

いくら規則正しい生活をしても、肥満体を解消するのはすぐにはできません。

そこでこの記事では肥満体でも効果が出そうな、精力増強の方法について解説して行きます

 

血液サラサラになる食材を意識して摂取する

肥満体の人は新陳代謝が悪く、血液もドロドロになりがちです。

ドロドロの血液は、送り出す心臓にも負担をかけますし、血管内でつまりやすいので脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気につながる危険があります。

そのため、なるべく血液がサラサラになるような食事を、心がける必要があります。

欧米型の肉を中心とした食事では、どうしても肥満になりやすい上に、血液もドロドロになってしまいます。

この状態を改善して血液をサラサラにするには、肉よりも魚を中心にした食事にして、野菜を多く摂るようにしなければなりません。

血液がドロドロになる理由

血液がドロドロになるのはなぜでしょうか?これには、肉を多く食べるからだとか、血中コレステロールが多いからだとか言われています。

しかし、血液がドロドロになるのは、もっと別の理由もあるようです。

人類は大昔から争いを繰り返してきました。殺し合いになったことも数知れずあるでしょう。

実は血液がドロドロになるのは、そんな危機状態に直面した場合に、できるだけ生き延びるために人類が身に付けたメカニズムなのです。

相手と争って万が一傷を負った場合、出血が止まらないと死に至ります。出血した場合に、血液がサラサラだと血が止まりにくいのです。

そのため、できるだけ助かるためには、血液がドロドロのほうが血が流れにくく、万が一怪我を負った場合に助かる可能性が高いのです。

だから、人間の体は争いが起きそうになったら、自動的に血液がドロドロになるようにできているのです。

つまり、人間の体は、戦闘態勢になると自然と血液がドロドロになるということです。

だとすると、現代人の中に血液がドロドロの人が多いということは、心のどこかが戦闘態勢になっているということではないでしょうか。

実はこのことが、大きな問題だとも言われています。

心のどこかが意味もなく戦闘態勢になり、それがいつまでも続けば必ず体に支障が出てきます。

射精量が増える食事で勃起力も微増

テストステロン食材

 

射精量が増えれば勃起力もアップします。射精量を増やすには、亜鉛の摂取が不可欠となります。

亜鉛は勃起力アップや精力増強に必要な成分で、しかも精子の原料にも使われるため、男性機能全般に重要な役割を果たしています。

亜鉛を多く含む食材に牡蠣がありますが、必要な量を食事から摂取するのは困難なので、サプリメントを飲むことをおすすめします。

ところで、なぜ射精量が増えると勃起力がアップするのでしょうか?

そのメカニズムをご説明しましょう。

基本的に、人間の体は必要ないものは退化するようにできています。

たとえば、運動すれば筋肉が太くなりますが、運動をやめれば筋肉は細くなります。

もう運動しないから太い筋肉は必要ないわけです。

もし運動しないのに筋肉が太いままだと、その筋肉を維持するために多くのエネルギーが消費されることになります。

これは非常にもったいないので、不要な筋肉は細くして、そこで消費されるエネルギーを抑えようというわけです。

これは非常に合理的な方法です。

もちろん、このメカニズムは筋肉以外にも当てはまります。

射精量が増えるということは、精液が増えるということになりますが、精液はどんな時に増えるのかというと、精子の生産量が多いときに増えるようになっています。

精液は精子の受け皿ですから、精子の量が増えれば精液も増えるし、精子が少なければ精液もそれほど必要ないので、精液の生産量が減ってしまうのです。

また、精液が増えれば定期的に体の外に出す必要があります。これが射精という現象ですが、射精するためには精力が必要になります。

だから、精液量が増えればそれに合わせて、自然と精力も増強されるのです。

これと反対に、精液が少なければ精力も減っていきます。これは、運動しないと筋肉が細くなるのと同じ理屈です。

もちろん、射精の回数が増えればそれだけ勃起も必要になりますし、射精が少なければ勃起もあまり必要なくなります。

このため、射精量が増えれば勃起力もアップすることになるのです。

※参考記事※

⇒【大量連続射精/セックス2回戦する方法】射精の勢い&精液量を増やす

 

体臭がきつくならないように

体臭男性

肥満体の人は、特に夏場は体臭がきつくなるので注意が必要です。

肥満だと体の表面積が普通の人より広いので、それだけ毛穴の数も多いことになります。

毛穴の数が多ければ、そこから排出される老廃物も多くなるので、それが体の表面に広がって酸化したり雑菌が繁殖したりして、独特の臭いを発するようになります。

これが、周囲の人にはその人の体臭と感じられるわけです。

精力剤も合わせて勃起力を高める

強精剤とテストステロン

肥満体の人は、ジョギングなどで体力をつけながら痩せる工夫をするとともに、精力剤も併せて飲んで勃起力を高めるといいでしょう。

太っている人は、とにかく不健康で体力がなく、精力も乏しくなっています。

肥満になるのは体質や遺伝も影響しているため、少しジョギングをしたくらいでは、目に見えて大きな効果は得られません。

そこで、ジョギングを続けながら、精力剤を飲んで勃起力をアップさせることも必要になるでしょう。

 

⇒【最新】勃起力アップに貢献する人気の精力剤【成分密度分析】結果はこちら

 

地道に体力をつけることから始めてみる

 

体力をつける具体的な方法

体力をつけるには、具体的にどんな方法があるのでしょうか?

比較的簡単に始められる方法として、ジョギングが挙げられます。

ジョギングなら、道具もお金も必要なく、今日からでも始めることができます。

ジョギングはやる気さえあれば、誰でも簡単に始められるトレーニング法なのです。毎日15分程度走るだけでも、かなりの効果があります。

もっとも、これまでまったく運動しないで過ごしてきたわけですから、たった15分でも効果があるのは当たり前なのです。

ちなみに、ジョギングのような運動を有酸素運動と言います。

これに対して無酸素運動という運動もありますが、その代表的なものは、相撲のぶつかり稽古とか、ウェイトリフティングのバーベル挙げのような、瞬間的に全力を注ぐ運動です。

どちらも体を鍛えるのに有効で、どちらが優れているというものではありません。

単に体を鍛えてスリムに痩せたいのであれば、どちらでも好きな運動をすればいいでしょう。

肥満体でいきなりジョギングするのは大変かもしれません。

それなら、まず無酸素運動から始めるのをオススメします。

 

たとえば、両手の拳をギュッと握り、同時に上半身全体に力を入れれば、それだけで立派な無酸素運動になります。

下半身の運動は、イスに座った状態で両足の裏を床につけ、両足にグッと力を入れてみてください。

 

両足とも太腿の付け根から足首まで力が入るはずです。毎日これを実行するだけでも一定の効果があります。

ただし、痩せるのに有効なのは、やはりジョギングのような有酸素運動です。

痩せるためには体力もつけなければなりませんが、ジョギングなら続けるうちに体力もついてきます。

しかし、無酸素運動では体力はつきにくいのです。

肥満男性では騎乗位じゃないとセックスは難しい

騎乗位

肥満体で困ることのひとつに、セックスの体位があります。

肥満体の男性が正常位でセックスするのは難しいですが、その前に女性が苦しいので嫌がられてしまいます。

そのため、肥満体の人はどうしても騎乗位でセックスすることが多いようです。

このように、肥満体になると、セックスの体位まで制限されてしまうのです。

もちろん、体位以外にも不便なことはいろいろあるので、なるべく痩せるに越したことはありません。

お腹の肉が勃起を邪魔しないように

肥満メタボ1

 

肥満体の人は、日頃の生活でもお腹の肉が邪魔になることが多いものです。

特にセックスには邪魔で、お腹の肉があるために勃起しなかったり、女性器の中にうまく挿入できないといった事態も起こりがちです。

お腹の肉は多少ならいいのですが、つきすぎると生活全般に支障が出るようになります。

夏場は股ずれに注意

肥満体の人は、汗かきが多いものです。太っているからどうしても、汗かきになってしまうのでしょう。

これは新陳代謝の影響でやむを得ないのですが、汗をかく量が多いと、内股が常に汗で蒸れた状態になり、歩くたびにズボンでこすれて股ずれが起きてしまいます。

股ずれができるとかゆみや痛みがあるのでつらいものですが、パートナーの女性も、股ずれのできた男性とセックスするのは気が進まないでしょうね。

太っていると、こういうところでもマイナスとなってしまいます。

肥満体の人に共通しているのは、体力がないということです。

普通の人が難なくこなせるような仕事でも、それが体を動かす仕事ではすぐに息切れしてしまいます。

もちろん肥満しているから体を動かすのも大変なのですが、どうもそれだけではないようです。

肥満するということは運動不足が大きな原因のひとつですから、もともと筋肉がついていないのです。

だから体力もあるはずがありません。

そこで、肥満体から脱却するためには、まず体力をつけることから始めなければなりません。

結局は少し痩せたほうが精力増強しやすい

肥満体系のままだと心臓に負担がかかるため、どうしても精力が増強しにくい状態になってしまいます。

そのため、少し痩せたほうが精力は増強しやすくなります。

ジョギングを毎日続ければ、1か月くらいで目に見えて効果が出てきますから、それを励みにして、はっきり痩せたと実感できるまで頑張るようにしましょう。

そうすれば、精力も自然と増強されます。

まとめ

肥満体の人が、そのままの体形で精力を増強するのはかなり困難です。

しかし、方法がないわけではありません。

まず、精力を増強するには、食生活をはじめ、生活全般を見直すことが大切です。

そのためには、ジョギングなどでまず体力をつけましょう。

肥満体形を解消するには、血液がサラサラになる食材を食べるのが有効です。

血液がドロドロのままでは、精力が増強するのは困難です。

また、射精量が増えれば、勃起力も自然とアップしていきます。

⇒【最新】勃起力アップに貢献する人気の精力剤【成分密度分析】結果はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!