【アルギニン/シトルリン】効果効能、摂取量、副作用等まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シトルリンアルギニン

精力増強や勃起力アップには、亜鉛、トンカットアリ、すっぽん、マカ、クラチャイダムなどの成分が有効です。

しかし、これらの成分は一定の効果はあるものの、十分な効き目があるとまでは言えません。

ところで、トンカットアリやクラチャイダムには、共通した成分が含まれています。

それはアルギニンです。

アルギニンは、体内に入ると血管の中で一酸化窒素を生成して、血管を拡張させます。

この結果、ペニスの毛細血管も拡張して大量の血液が流れ込み、強い勃起が起こるのです。

また、アルギニンと一緒にシトルリンを摂取すると、この2つが相乗効果を発揮して、さらに多くの一酸化窒素を生成します。

では、アルギニンとシトルリンとは、どんなものなのでしょうか?

ここでは、アルギニンやシトルリンの効能と摂取量、副作用について見ていきましょう。

 

解説

アルギニンとは何か

アルギニンは、非必須アミノ酸とか準必須アミノ酸と呼ばれる、アミノ酸の一種です。

体内で生成できるアミノ酸ですが、加齢とともに生成量が減少していきます。

また、第二次性徴期には体内で作られる量では足りないので、食事などで補う必要があります。

1886年にドイツで発見されましたが、漢方では昔から滋養強壮や婦人病、肝炎の治療薬として使われていました。

アルギニンの効能

アルギニンには以下の効能があります。

  • 成長ホルモンの合成促進
  • 疲労回復
  • 勃起力改善
  • 動脈硬化の予防

ひとつずつ見ていきましょう。

成長ホルモンの合成促進

成長ホルモン促進

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるのですが、アルギニンには成長ホルモンの合成と、分泌を促進する作用があります。

成長ホルモンは、成長期の子供の身長を伸ばしたり、骨や筋肉を発達させるのに必要なホルモンです。

ところで成長ホルモンは、成長が止まった大人には関係ないと思われがちですが、体を鍛えると成長ホルモンが分泌され、疲労回復や肌の美容にも必要なものです。

成長ホルモンはアンチエイジングにも効果があるため、成長ホルモンが不足すると老化を早めてしまいます。

成長ホルモンは寝ている間に分泌されるため、アルギニンを摂取すると同時に良質な睡眠を取ることも大切です。

疲労回復

疲労回復

アルギニンは、身体疲労や脳疲労の改善に効果があります。

アルギニンが発生させる一酸化窒素には、血管を拡張させる作用があります。

このため大量の血液が体を循環するようになり、細胞活動で作られた老廃物をスムーズに撤去して、栄養と酸素を届けられるので、疲労回復が早くなるのです。

特に有害な疲労物質のアンモニアを肝臓まで運び、尿素回路で分解して尿として体外に排出するため、体のだるさがなくなります。

これはそのままアンチエイジングにつながり、勃起力アップも促進します。

勃起力改善

ペニス増大勃起力アップ

上でも少し触れましたが、アルギニンには一酸化窒素を生成して血管を拡張する作用があるので、勃起力をアップさせる効果もあります。

勃起力が衰えるのは、血管が硬くなり十分な量の血液がペニスに流れ込まなくなることが、その大きな原因として挙げられます。

アルギニンには、このような多くの男性が抱える悩みを、根本から解決する効能があるのです。

動脈硬化の予防

これまで述べたように、アルギニンには血管を拡張する働きがあります。

この働きがそのまま、動脈硬化予防に役立ちます。

動脈硬化とは、動脈が硬くなってしまう病気なのですが、アルギニンにより血管が拡張することで、動脈硬化も自然と改善するわけです。

シトルリンとは

シトルリンには以下のような効能があります。

  • 動脈硬化の予防
  • 血管の拡張効果
  • 疲労回復

動脈硬化の予防

シトルリンは、血管内で一酸化窒素を生成して血管を拡張します。

この効能はアルギニンと同じで、シトルリンにも動脈硬化を予防する働きがあります。

血管の拡張効果

先に述べたとおり、シトルリンには血管拡張効果があります。

この血管拡張作用のおかげで、ペニスの毛細血管が拡張して大量の血液が流れ込み、勃起力がアップします。

疲労回復

人体は疲労するとアンモニアなどの疲労物質がたまります。

アルギニンにはこれを取り除く働きがあるため、試合の前後にシトルリンを摂取するスポーツ選手もいます。

アルギニンとシトルリンは切っても切れない関係

関係

 

アルギニンとシトルリンを同時に摂取すると相乗効果が働き、さらに一酸化窒素を生成し、ペニスに流れ込む血流が増えて勃起力がアップします。

勃起の仕組みは、まず男性が性的な刺激を受けると、脳からペニスに勃起指令が飛びます。

このとき動脈の内皮細胞で一酸化窒素が生成され、cGMPという酵素が作られます。

cGMPの働きにより、血管平滑筋と海綿体平滑筋がゆるみ、ペニスの中に血液が流れ込んで勃起が起こるのです。

つまり、血管内で一酸化窒素が生成されて初めて勃起が起こるわけですが、一酸化窒素が大量に生成されると、勃起力はさらに強くなります

つまり、勃起力増強にはアルギニンとシトルリンを同時に摂取して、大量の一酸化窒素を生み出したら良いのです。

しかし、なぜこの2つを同時に摂取すると、劇的な効果が生まれるのでしょうか。その仕組みはこうです。

まず、アルギニンが一酸化窒素を生成する過程で、シトルリンが生まれます。

このシトルリンはアルギニンにリサイクルされてアルギニンとなり、再度一酸化窒素とシトルリンが生み出されます。

このサイクルを何度も繰り返すことで、血中アルギニン濃度が上がって、さらに一酸化窒素を増やすことに繋がるのです。

アルギニンとシトルリンの摂取目安量

シトルリン摂取目安イメージ

 

アルギニンの1日の摂取量は、バイアグラを開発したルイス・J・イグナロ博士によると、3000~6000㎎となりますが、海外の論文には5000㎎の摂取を薦めるものもあります。

ちなみに、日本のメンズクリニックでは、1日500㎎の摂取を推奨しており、かなりの差があることになります。

では、シトルリンの1日の摂取量はどれくらいかというと、800㎎が推奨されています。

ただし、これはシトルリン研究会が出した数値で、公式なものではありません。

ところで、アルギニンとシトルリンを大量に摂取したらどうなるのでしょうか?

さらに一酸化窒素が生成されて、さぞかし勃起力も高まるのかと思いきや、そうはならないようです。

いくらアルギニンとシトルリンが大量にあっても、一酸化窒素を生成する酵素の量が決まっているので、余分なアルギニンとシトルリンは、尿となって排出されてしまうのです。

ちなみに、アルギニンはアルカリ性なので、大量に摂取すると胃腸に負担がかかります。

下痢や胃のむかつきなどの副作用が出るおそれがあるので、過剰摂取には注意しましょう。

アルギニンとシトルリンはサプリで摂ると効率的

アルギニンとシトルリンを食物から摂取するのは困難なので、定期的に摂取するとしたら、サプリメントを飲むことをおすすめします。

また、精力増強と勃起力アップのために飲む場合には、最初からそのために作られた精力増強サプリを飲む方が効果的です。

精力増強サプリには、アルギニンとシトルリンのほかに、亜鉛やマカ、トンカットアリなども含まれているので、高い効果が期待できます。

まとめ

アルギニンとシトルリンですが、体内に摂取することで

 

・成長ホルモンの合成促進(身長を伸ばす効果)

・疲労回復 ・ED改善(勃起力アップ)

・動脈硬化の予防

・血管の拡張効果

 

などの効果効能を得ることが可能です。

どちらもよく似た効能があり、疲労回復や動脈硬化の予防、勃起力アップなどに役立ちます。

特にあなたが精力増強やペニス増大目的の場合、アルギニンとシトルリンを同時摂取することで、体内に一酸化窒素が生成⇒血管の柔軟性がアップ、血流が良くなったりする効果が期待出来ます。

アルギニンとシトルリンは、同時に摂取すると相乗効果が働いてさらに多くの一酸化窒素を生成します。しかし、アルギニンとシトルリンを大量に摂取しても、一酸化窒素はある程度以上は増えません。

アルギニンはアルカリ性なため、摂取には副作用もあり、一度に大量のアルギニンを摂取してしまうと、胃腸系に負荷がかかり下痢や胃のむかつきの原因になります。

それを予防するためにクエン酸と一緒に摂取したり、オレンジジュースなどと一緒に摂取しましょう。

アルギニンに関しては食事での摂取が不可能ではありませんが、シトルリンに関しては食事のみでの1日の推奨摂取量に到達することは不可能なので食品での摂取は諦めて、サプリメントでの摂取をオススメ致します。

特に精力増強が目的な場合、普通に薬局で販売されているサプリメントではなく、シトルリンアルギニン含有率が高い専用サプリを飲む事が効率的です。

 

⇒【最新】シトルリン/アルギニンサプリ 人気商品の配合密度分析結果はこちら

 

関連記事

⇒シトルリンはサプリ摂取が有効な理由/オルニチン回路とNOサイクル解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!